超少子・高齢社会の中で高齢者が互いを支えあっていくクラブの形成を目指す。


トップページ 老人クラブとは 組織形態 活動内容 現状の問題点 今後の対応 クラブの魅力
 
 

  老人クラブとは

『1』老人クラブの目的
老人クラブとは地域を基盤とする高齢者の自主的な組織として
@仲間づくりを通して、生きがいと健康づくり、生活を豊かにする楽しい活動を行うとともに、
 
Aその知識や経験を生かして、地域の諸団体と共同し、地域を豊かにする社会活動に取り組み、
 
B明るい長寿社会づくり、保健福祉の向上に努めることを目的とします。
 
『2』老人クラブの性格
@自主性、地域性、共同性を基本とします。
老人クラブは、高齢者が自主的に仲間づくりをすすめ、それぞれの地域の実態に即して小地域ごとに組織づくりをし、 高齢者が共同して相互に支え合い、楽しみを共にすることを基本とします。
 
A総合的な活動、多様な活動形態を持っています。
老人クラブ活動は会員の意見にもとづき、「生活を豊かにする楽しい活動」と「地域を豊かにする社会活動」の 総合的でかつ均衡のとれた活動展開をはかり、又、小グループ活動や世代交流、地域の諸団体との共同活動など、多様な活動形態により 推進されています。
 
B各世代、男女が共同する民主的な運営がなされています。
老人クラブは、組織を構成する高年会員・若手会員、男性会員・女性会員などの均衡に配慮して役員構成を行い、活動分野ごとにリーダーを 設けるなど役割分担をして民主的な運営が行われています。
 
『3』会員の資格
老人クラブは、入会を希望する高齢者で、概ね60歳以上の者を会員とします。
又、常時活動に参加できない高齢者であっても、会員として迎え、支え合い、喜びを共にできる方法を考えます。なお、必要に応じて準会員制度等を導入します。
 
『4』組織の範囲と規模
@組織の範囲
老人クラブは日常的に声をかけ合い、徒歩で集まることのできる小地域の範囲で組織することを原則とします。
 
A会員の規模
老人クラブの規模は、会員30名から100名を標準とします。但し、地理的条件その他の事情がある場合はこの限りではありません。
 
B新規会員への呼びかけ
老人クラブは、絶えず新しい会員への呼びかけを行い、仲間を増やして、クラブの活力を維持するとともに、地域の高齢者の孤立や閉じこもり解消に努めます。 このため、毎年計画を立てて新会員の確保に当たるとともに、魅力あるクラブづくりに努めます。
 
 
★県老連創立50周年記念リーダーセミナー
tepmlate7 tepmlate7  オープニングアトラクション                    広瀬知事講演
Copyright © 2012 Leap67-臼杵市老連 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座